過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
迷走する韓国
 韓国はもはや落としどころを見失ってしまいましたね。
 ・【レーダー照射】韓国また「日本は謝罪しろ」
 ・【レーダー照射】韓国の異なる思考回路
 まあしかし嘘を言うにも事欠いて、武装の無い偵察機の低空飛行で震え上がる戦闘艦って、韓国海軍は世界一の腰抜けだと宣伝しているということを理解しているのでしょうかね。
 ま、それは置いといて。
 攻撃的レーダー照射問題に対し、「日本が威嚇飛行した」と論点をすり替えて日本批判を繰り広げていますが、この手法は韓国のお家芸。
 過去の特許侵害問題を見ればこの手の方法で日本企業にゴリ押しして来ましたから、今更驚くようなことではありません。
 日本政府が証拠を公開しても彼らはそんなことは認めず、他国に向かって自分達の嘘を広めるという手法も慰安婦問題・徴用工問題・竹島問題のいずれでもやってきたこと。
 今回のレーダー照射問題は、いわば彼らのゴリ押し手法の集大成と言えます。
 進歩が無いと言ってしまえばそれまでですが、過去の日本がそれで手打ちにしてきたのが彼らを増長させた原因。
 今回はどう進めるのか安倍総理の手腕の見せ所ですが、安易な妥協や無駄な思いやりはやめて欲しいものです。

 ここで気になるのはアメリカの出方。
 今まででも日本が折れてきたのは米国の圧力が有ったとの噂です。
 今回はどう出てくるのかが問題ですね。
 日本の排他的水域内で呼びかけに応じず偵察機に対して威嚇して来たのですから。見られてはマズイことをしていたのは明白。
 しかも、その相手が北朝鮮の漁船ですから想像は付きます。
 韓国側は人道救助だと言ってますが、偵察機の強力な電波による呼びかけには「無線の調子が悪い」と言っていたのに、漁船のSOSは傍受できたのですね。
 天候が悪かったとも言い訳してましたが、自衛隊が公開した映像では穏やかな天候でした。
 韓国側の説明は全てが虚偽であることは素人でも判ります。
 米国がどこまで分析しているのかは判りませんが、日韓の対立に仲裁しようともせず傍観しているところを見ると、日本に韓国叩きをさせたいようにも見えます。
 なんせ、トランプ氏は激怒しているという情報も囁かれていますから、もしも瀬取りの事実確認が出来ていたのなら韓国は叩いておきたいところでしょうね。
 はてさて、どう進んでいくのやら。

JUGEMテーマ:ニュース



【2019.01.18 Friday 19:16】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
「行くべき」旅行先?
 瀬戸内の住民としてはうれしいニュースですが・・・
 ・【米紙】2019年「行くべき」旅行先の7位に瀬戸内
 長年慣れ親しんでいるとその魅力には気付き難いものかも知れませんが、正直言って「世界で7番目」の魅力が有るかと言えば「ちょっと無理でしょ」と言わざるを得ません。
 まあ、夕景の美しさや他島美、凪の時間には鏡のように穏やかになる海、自然風景は日本の国定公園第一号としての実力はあるでしょう。
 それに加えて今年は瀬戸内国際芸術祭の年。欧米を中心とした諸外国からの来客は多いとは思います。
 2019年限定なら、国際的な魅力は確かにあるでしょう。でも7位はちょっと…

 瀬戸内国際芸術祭は3年に1度の祭典。このために瀬戸内に移住してきた外国人芸術家もいるくらいですから世界的な人気は高いのでしょうね。
 作品数も回を追うごとに増加しているようですし、レベルもどんどん上がっているようです。
 ま、私なんかは見ても理解できないので何とも言い難いですが。
 ただ、瀬戸内国際芸術祭は大半が香川県。一部岡山県を含むものの愛媛や広島・山口は含まれません。
 この推薦旅行先の言う「瀬戸内」はどこまで含まれるのでしょうね?

 景色で言えば、沿岸は埋め立てられ工業地帯となっている場所が目立ちます。景観を損なっているのは疑いようもなく、景色は場所と角度を選ばないと絶景にはならないですね。
 写真として景観部分だけを切り取ってしまえば絶景ですけどねぇ。

 隣接都市部分まで観光として含めるなら、栗林公園・後楽園と言った日本を代表する名園が2つ、それに道後温泉や原爆ドームあたりは国際的な観光場所でしょうか。
 でも、これら全部を合わせても世界7位は行き過ぎのような気がします。
 選定基準を知りたいなぁ。

 話は変わって、旅行と言えば兼高かおるさんがご逝去されてしまいました。
 50年以上前になりますが、子供の頃には「兼高かおる世界の旅」が日曜のお楽しみでした。
 狼少年ケンの後にかかっていたような記憶がうっすらとあります。世界の旅の後が「ミユキ野球教室」だったかな。当時はどちらも記録的長寿番組でしたね。
 意外だったのは思っていたよりもお年を召されていたこと。
 90歳で逝去ですから、当時40歳くらいですよね。
 私は20代くらいだと思ってました。若くて綺麗なお姉さんという記憶でしたが、自分の親より1回り近く上だったのですね。
 世界を旅し続けた人生でしたが、とうとう天国に旅立ってしまいましたね。
 ご冥福をお祈りします。

JUGEMテーマ:ニュース



【2019.01.11 Friday 18:54】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
平成最後の年明け
 明けましておめでとうございます。
 今年が皆様にとって、より良い年となりますようお祈り申し上げます。

 今年はどんな年になるのでしょうねぇ。
 昨年からの火種が気になるところです。
 株価は大発会からいきなり暴落してますが、まあアメリカの株価暴落の巻き添えですから今後の推移はトランプ政権次第と言ったところでしょうか。
 とはいえ、米株価暴落は少なからず米中経済戦争の影響がありますから、実質的には中国の出方次第ですね。メンツと目先の金にこだわって悪事を続けるなら世界経済に大きな影響が出ますよ。
 日本経済はいまだ絶好調ですが、米中経済戦争が激化すれば多大な悪影響が出るのは避けられないでしょうね。

 もう一つ面倒な火種は対韓国。
 いつもながら「俺様ルール」で日本に嫌がらせ。
 徴用工問題は安部さんが「志願者だ」とバッサリ切ってますから、普通ならそれ以上のウソを通せない蓮なのに、あの国はとことん嘘を通しますからね。
 年明け早々、差し押さえを開始するようです。

 レーダー照射問題も面白い展開になってます。
 日本が映像公開したのに対し、あちらも対抗して映像公開するらしいですが、その映像は制作中なのでもう少し先になるとのこと。
 証拠映像が「制作中」ですから、どんな作品を創作してくるのか楽しみです。彼らは「証拠は創作するもの」であって、真実とは異なりますからね。
 現在は「悪いのは日本だ」と言い張って、日本に謝罪要求してます。
 日本の排他的経済水域内で無線に応答せず国旗も降ろして、偵察に来た日本機に射撃管制レーダー照射という撃墜直前行動までやらかしているのですから、北の漂流船の保護なんて信用できるはずがありません。
 本当は何をしていたのでしょうね。

 年始早々ろくでもない話ばかりですが、日本政府には頑張っていただいて、国民が納得できる結果を出してほしいものです。
 頑張ってくださいね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2019.01.04 Friday 17:11】 author : N/T
| ニュース | comments(2) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
IWC脱退
 ようやく日本も強い態度を示せましたね。
 そもそも日本虐めの組織と化していたのですから、日本が負担金払ういわれは無いのですよ。
 理論も証拠も認めずに感情論や経済的理由で反対していたのですから、これ以上話し合っても議論が噛みあうはずは有りません。
 第一、捕鯨禁止になるような乱獲をしたのは現在の反捕鯨国。鯨油を取るためだけに虐殺し、死体はそのまま海洋投棄していた連中が、どの口で反捕鯨なんて言えるのでしょうかね。
 古来から日本の捕鯨は食料とするためで、無駄なく利用されていましたよ。
 近年の捕鯨は海洋資源の保護が目的に変わっているようですが、これも増え過ぎた小型クジラは見境なく漁場を荒らしますから、水産業にとっては天敵。
 魚業国としては適度な数に押さえておきたいのは当然のことですよ。

 反捕鯨団体の主張は反原発団体とか嫌煙団体の主張と似たような感じですね。
 ・【反捕鯨の矛盾】「なぜクジラだけが特別なのか」
 科学的根拠に乏しく、極論を根拠としてそこからさらに飛躍した推論を証拠と言い張り、相手が示す科学的根拠や資料は「信用できない」の一言で無視。
 話し合いになんかなるはずが有りませんよね。
 攻撃するのが楽しいからやっているとしか見えません。
 こういう連中に出資する連中も同類でしょう。

 昔は捕鯨反対の裏事情に牛肉の消費拡大が噂されていましたが、今更捕鯨禁止にしたところでオージービーフや米国産牛肉の消費が拡大したりはしないと思いますけどね。
 まあ、クジラが減ることで他の水産資源が豊漁になることに危機感を抱いているのでしょうか。
 そもそも増えすぎたカンガルーを手当たり次第に撲殺して居るように国に反捕鯨を主張されても説得力はありませんよ。

 IWCから脱退した日本ですが、勝負はこれから。
 欧米からの圧力やテロ組織同然の反捕鯨団体との戦いが待ってます。
 ここからが日本政府の外交手腕が問われるところでしょう。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.12.28 Friday 19:22】 author : N/T
| ニュース | comments(2) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
金が裕福なら心は貧しくなる?
 何だろうねぇ〜。
 南青山の児童相談所建設問題の報道を見ていると気分が悪くなります。
 まあ、セレブと言えば我々とは住む世界が違いますから、価値観もモラルも人間性も異次元なのでしょうね。
 インタビューに出てくる話は児相の相談者を完全に見下して差別してます。上品な表現をしていても内容は「貧しい奴は自分たちの近くに来るな」ですから、普通の日本人ならそんな内容は言わないでしょう。
 困っている人たちに手を差し伸べるどころか、「地域にすら近づくな」ですからね。
 他人の不幸を見下す材料としか考えていないようにしか見えません。
 こういう人たちは虐待死の事件の時には何と言っていたのでしょうかね。とても気になりますよ。
 全く気にしていなかったのか、それとも行政批判していたのか。
 自分たちにほんの僅かでも関わりが出る可能性が出てきた途端に「児相反対」ですから、文句さえ言っていればだれかが何とかするという程度の考えしか無い人たちなのかもしれませんね。

 「青山ブランド」なんて言葉がよくインタビューで出てきますが、そんなものにプライドを持っているのは言っている連中だけじゃないでしょうかね。
 我々田舎者からすれば、青山と言えば青山霊園とか青山学院大学、せいぜい表参道くらいしか知らないですから、価値は判らないですね。
 判るのは、住んでいる連中の中にはプライドが高く他人を見下すことしか考えていない人が少なからず居るということくらいです。
 もちろん、鼻持ちならない連中は少数派のようですが、調査では建設反対派が3割くらいいるようですから、少数派といえども3割くらい居るということでしょう。
 正直言って、金持ちになったとしても絶対に住みたくない町ですね。
 ただし、古くから住んでいる人へのインタビューでは「青山ブランドなんて言っているのは他所から引っ越してきた人」という意見が出てました。
 代々住んでいる人からすれば、反対騒ぎは不愉快なことでしかないのでしょう。
 ブランドと言われるほどの価値を築き上げたのは昔から住んできた人たち。
 引っ越してきた人たちはその価値に乗っかっているだけじゃないでしょうか。
 自分たちが築き上げたものが壊されそうなのであれば同情する部分もあるでしょうが、築いたのは先住の人たちでしょう。
 それにそもそも児相がエリアの価値を下げるとは思えません。
 価値を下げているのは文句を言っている人の人間性ですよね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.12.21 Friday 20:00】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
ファーウェイ騒動
 ファーウェイ(Huawei)のCFO(最高財務責任者)が米国の要請によりカナダで逮捕されて以来、ネットニュースでは連日ファーウェイ製品が騒がれていますね。
 逮捕容疑は銀行に対する詐欺で懲役30年くらいが予想されていますから、これはかなりの重罪です。普通なら保釈なんて有り得ませんが、ゴリ押しの特異な中国は保釈させてしまいました。
 ファーウェイの低価格高品質に危機感を持った米国電子産業界の策謀のように報道されていますが、罪自体が重いのですから策謀とは少し異なるでしょうね。

 ファーウェイ製品に関してはCFOの問題よりも深刻なのがスパイ機能の問題。
 データを抜き取る恐れがあると言われていますから、情報セキュリティの観点から考えれば極めて危険。
 しかも、あの国は過去に何度もやらかしていますから、「またか」という感想しかありません。
 当然、西側諸国は情報防衛のためにファーウェイ製品は排除の動きに出ます。
 ・【米国】 ファーウェイ(Huawei)製品、使っているだけでも取引停止
 しかし、例によってゴリ押しで解決しようとするのが中国という国。
 ・【中国】 米国製品ボイコットの動き

 領土問題を見ても判りますが、あの国は「盗めるものは盗む」を貫く国。
 情報なんて、何のためらいもなく盗んでますよ。
 ただ、怖いのはスマホなんかだとカード情報をはじめとして大切な情報が入っていること。
 国家として他国の個人のカード情報を盗んだりはしないでしょうが、担当者レベルでは話が別です。
 我々のカード情報を役得だの戦利品だのと考えている人間が一人もいないとは考えられません。

 もう一つ怖いのは中継基地の機器にも使われていること。
 個人や企業ではファーウェイ製品を使っていなくても、中継基地から出たを盗まれたら対策のしようが有りません。
 本当に厄介な連中です。
 その知能の高さを良い方向には使わないのが不思議です。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.12.14 Friday 19:59】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
空母
 以前に書いたことが有るように思いますが、私の期待が実現しそうです。
 ・【自衛隊】 「いずも」を空母化、F35Bを導入へ
 F-35Bは垂直離着陸も可能なSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)型。
 カタパルトが必要ないので、本格的な空母でなくとも運用可能です。
 とは言え、ヘリ空母である「いずも」で運用するには甲板の耐熱化や管制システムの変更等が必要ですから、実現までには時間が掛かりそうです。

 漫画の「空母いぶき」の世界がかなり近づいてきた感じですが、そもそも空母が必要になったのは中国の海洋進出。
 南シナ海ではオバマ大統領が中国の南沙侵略を許してしまいましたが、尖閣と沖縄はそう簡単に侵略させるわけにはいきません。
 日米安全保障条約を盾にとって米軍に丸投げで防衛をさせたりすれば、経済や産業面でとてつもない対価を支払わなければならなくなるのは自明の理。
 従って、米軍の威を借りつつも日本は防衛の前面に立たざるを得ません。
 中国が次々と大型空母を建造し運用を始めているのですから、日本もこれに対抗せざるを得ませんから、空母打撃艦群は必須となります。

 とは言え、ヘリ空母を改造した程度の軽空母では艦載機数もごくわずか。
 正規空母数隻を出されては、飽和攻撃されて太刀打ちできないでしょうね。
 さっさと憲法改正して正規空母を中心とする空母打撃艦群を構成しなければ、いずれは中国の侵略を許すことになるでしょうし、最悪の場合はそれが引き金となり米中戦争から大戦へと発展する可能性も有り得る話。
 軍事はバランスが大事。均衡が崩れれば抑止力が効かなくなり軍事衝突に進むのですから、日本も早く同等の軍備を揃えなければなりませんね。
 中国の軍拡には困ったものです。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.11.30 Friday 20:08】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
中国の新鋭艦
 海洋進出(侵略)に熱心な中国、また新たな武力を手にしたようです。
 ・【中国】世界最高レベルの巡洋艦を建造
 自称駆逐艦ですが、サイズは巡洋艦を超えてます。
 詳細は既にwikiペディアに掲載済みで画像も有りました。
 ・055型駆逐艦
 どこまで正常に動作するかは謎ですが、打撃力では自衛隊の最新鋭艦よりもかなり上でしょうね。
 面倒なものを作ってくれました。
 形状もある程度のステルス性は有している感じです。
 将来的にはレールガンとレーザー砲も搭載するつもりのようですから、最終形態は米海軍でなければ太刀打ちできないものとなりそうです。

 ライバルとなるのは米海軍のこれ。
 ・ズムウォルト級ミサイル駆逐艦
 こちらはほぼ完全なステルス形状をしていますから、現状ではまだまだ米海軍の方が強力です。
 こちらも近い将来にはレールガンとレーザー砲を搭載予定ですから、少し前までのSFの世界が目の前まで来ている感じですね。

 中国の事ですから、手に入れた軍事力は使いたがります。
 空母とセットで近隣国に手を出すでしょうね。
 当然、尖閣もターゲットになるはずです。
 米軍がどこまで牽制できるかによって東アジアの平和が保てるのかどうかが決まりそうです。
 日本もズムウォルト級くらいの新鋭艦を建造しなくちゃ、安全は確保できなくなるでしょうね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.10.26 Friday 20:31】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
中国の新兵器
 反戦平和団体さんも中国の大量殺戮兵器開発には何も言わないのですよねぇ。
 ・【中国】新型兵器を相次いで開発
 記事では戦略爆撃機と極高速ミサイルの2つが紹介されていますが、どちらも本当にその性能を持つならかなりの脅威ですね。
 あの国の事ですから軍備を持てば侵略を繰り返すでしょう。今回は米国ですら脅威と考えるレベルのものですから、米国の軍事力をけん制できるとなれば、台湾にフィリピンと日本あたりはその筆頭候補でしょうね。
 ま、本当にその性能が有るならの話ですが。

 戦略爆撃機は全翼機との噂。
 B-2から遅れる事30年。中国と言えどもB-2に近い性能の物を開発できても不思議ではありませんが、米軍の探知能力に引っかからないほどのものが出来るかどうかはかなり疑問。
 レーターに映るようでは脅威ではありません。中国が歳月をかけて軍事技術を上げても、米国もその間に技術を上げてますからね。
 戦略爆撃機に関しては脅威となるかどうかはかなり疑問かな。

 面倒なのは極高速ミサイルの方。
 現在のミサイル迎撃システムは、弾道弾のように自立航行せず軌道計算が容易なものには有効ですが、マッハ5で自立航行して回避行動がとれるミサイルが相手では原理的に迎撃は困難です。
 技術的に考えれば、スペースシャトルの大気圏突入速度がマッハ20くらいですから、それから考えればマッハ5なんてノロノロ運転です。姿勢制御をはじめとした自立航行やコントロールがさほど難しいとは思えません。
 中国の技術が有れば作るのは容易に思えます。なぜ米国が作らないのか不思議なくらいです。
 これを迎撃するとなれば大型の人工衛星から大出力レーザーを使っての迎撃しか手は無いでしょうね。

 新たな展開となった中米の冷戦、軍拡に走るのは良くないのですけどねぇ。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.10.19 Friday 20:04】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
新型エンジン
【マツダ】新型エンジンを発表
 売れ行きはイマイチですが技術は常に斬新ですね。
 スペックを見ると2000rpmくらいにトルクピークが有るようで、ディーゼルエンジンのような感じなのでしょうか。
 高速道路よりも街乗りや非舗装道路で真価を発揮しそうな感じです。
 私もそろそろ次の車を考え始める時期が来ているので、ワクワクしながら見てみましたが…
 高い!
 まあ、価格相応と言うか、むしろコストパフォーマンスはかなりいい方なのですが、絶対的な価格がちょっと…
 最近は安全装備が徹底していますから、その分どうしても価格が高くなっている感じですね。
 便利だし安全なのですから価格に反映されるのは仕方ないことですが、買い替えがどんどん遠ざかっていきます。

 世界的にガソリン車の未来がどんどん暗くなっているご時世に、「なぜガソリンエンジンなの」という疑問は有りますが、2020年に出す電気自動車やそれに続くHVとPHVまでのつなぎと考えれば良いタイミングでしょうか。

 今回のエンジンは素晴らしいですが、気になるのは次の電気自動車。
 ロータリーエンジンを活用した発電システムになるとのことですが、ロータリーエンジンも定回転での稼働では4サイクルよりも低燃費とのこと。
 ただ、問題は出力と搭載車種(デザイン)と価格。
 燃費最優先で低パワーなものならデミオくらいになるでしょうがそれでは期待倒れです。
 ハイパワーで良いデザインのものが欲しいところですが、最近はどれもSUV志向で似たり寄ったりのデザインですからねぇ。
 はてさて、どうなることやら。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.10.12 Friday 20:33】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
累計