過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< グダグダ | main | UFO議論 >>
ネット流行語
【ネット流行語大賞】 金賞は「アサヒる」、銀賞「スイーツ(笑)」
得票数では断トツだそうですが、まあ、当然でしょうね。
今まで「アサヒる」と言われなかったのが異常なのですから、爆発的に流行するのも無理は無いでしょう。
この結果を見れば、いかに朝日の信用が無いのかが判りますね。

この手の話で問題なのは、マスコミが出す【年末恒例】 流行語大賞との大幅な違いです。
大賞の「どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」、「どげんかせんといかん」なんて初めて聞いたし、「ハニカミ王子」にしてもマスコミが使っているだけで世間一般では使ってないでしょう。
一般人が使っている頻度からすれば「猛暑日」や「そんなの関係ねぇ」の方が圧倒的に多いですよ。
要するに流行語大賞などと言ったところで、マスコミにとっての話題性だけであって、庶民の実態とは無関係ですからね。
「流行はマスコミが創る」という態度が露骨過ぎて嫌悪感を感じますよ。
私は「ネット流行語大賞」の方が遙かに庶民感覚に近く一般的な流行を現わしていると思います。
こちらは一般人の直接投稿で決定されますから、本当に流行っているものしか出てきません。

「流行語大賞」と「ネット流行語大賞」の差異はマスコミの感覚と一般国民の感覚の差異を現わしています。
これほどまでに感覚が異なっていながら、「世論はマスコミが創る」「世論誘導はジャーナリズムの使命」などと平気で言えるのですから大したものですね。
人間としての感覚を疑いますよ。

「ネット流行語大賞」で着目すべき点はもう一つ。
1位2位がどちらもマスコミを揶揄するものであることでしょう。
「アサヒる」は直接的批判ですし、「スイーツ(笑)」はマスコミに踊らされ「甘味」や「菓子」と言った日本語を使わずマスコミ用語を使用する女性を馬鹿にしたものです。
こういう言葉が堂々と上位を占めるのもネット効果でしょうか。
幅広く情報を集められる時代だからこその現象でしょうね。

さて、「現代用語の基礎知識」にまで収録されてしまった「アサヒる」ですが、「フルタチる」(捏造がバレて逆切れすること)のように一過的な「流行語」で終わるのでしょうか?
それとも「(TBS」(大事な部分をカットし逆の意味にする)のように延々と常用句として使われるのでしょうか?
まず間違いなく後者の道を歩むでしょうね。
【2007.12.15 Saturday 12:10】 author : N/T
| - | comments(0) | trackbacks(2) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/614900
トラックバック
ニュースネット流行語大賞 2007
ネット流行語大賞2007結果発表! 朝日新聞社長のコメントを要求アメーバニュースついに『ネット流行語大賞2007』の結果が発表された! すでに多くのインターネットニュースサイトに報じられているが、やはり予想通り「アサヒる」が金賞を受賞した。 ...(続きを読む)ネ
| 本日の気になるニューシュ | 2007/12/15 12:24 PM |
ネット流行語大賞
ネット流行語大賞 プロフィール検索 動画検索 画像検索
| みんなが注目してるコトとは? | 2007/12/17 8:02 PM |
累計