過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< また中国産食材 | main | 巨大失言 >>
麻生内閣誕生
今週は書きたい事が沢山あった一週間でした。
毒ミルクの余波に始まり日本ユニセフ協会の印象操作問題、麻生内閣誕生、マスコミの麻生内閣ネガティブキャンペーン、小泉氏引退、幼児殺害に性犯罪。
何を書こうかと迷いつつ・・・

やはり麻生内閣誕生とマスコミのネガキャンは外せないですね。
小泉氏引退で話題が吹っ飛びましたが、麻生内閣誕生は今年の10大ニュースの一つです。
漫画の主人公のような恵まれた生い立ち、若くして巨大企業の経営者となりながらオリンピックにも出場。
そして遂には総理大臣!
あれで美形キャラなら完璧な理想像でしょう。
最も庶民とかけ離れた存在であり、尚且つマスコミからは目の敵にされながら、ここまでの人気があるのですから凄いことです。

人気の原因は、漫画好きだとか秋葉系に受けが良いからとか言われますが、特定亜細亜やマスコミに対する強めの姿勢が国民受けしているのじゃないでしょうか?
自虐史観を植え付けられている事に対する心の奥底での反抗が、麻生人気・安倍人気・小泉人気となって現れているのでしょう。
福田さんの人気が低迷し続けた事がその証拠ですよ。
安倍さんの人気はマスコミの総攻撃で急落しましたが、マスコミの世論操作が無ければ極めて高い支持率を維持したでしょうね。
こういう状況を考えれば、どの政党でも総選挙で勝ちたいなら「近隣3国と米国に強い態度を示せる」と主張することですよ。
ま、自民を含めてそれが出来る政党が無いのが日本の現実ですけど・・

近隣3国から疎まれている麻生さんですが、早速マスコミがネガティブキャンペーンを張ってます。
【言葉狩り】 今日のネガキャンは中山国交相
【麻生首相】 「集団的自衛権の解釈変更に言及」
【麻生内閣ネガキャン】 小渕優子叩き、本日第2弾
【麻生内閣】 鳥越俊太郎もネガキャン参加
【朝日】 麻生内閣ネガキャン、今日のターゲットは小渕氏
もうゴリ押しもいいところ。
小渕叩きを見ても入札停止企業からの献金問題を言うなら、小沢氏は政権交代の権利は無くなりますよ?
入札停止にしても設計ミスや交通事故等が原因ですから、談合や手抜きとは話が違うでしょう。
ましてや、親戚の労基法違反は無関係でしょう。叩けば良いというものじゃないと思いますけどね。
中山氏の問題は発言が軽率ではあるものの、例によって言葉の切り抜きで叩いてます。
成田闘争を批判して何が悪いのか、物の喩で「単一民族」と発言して何がダメなのか、叩くマスコミは説明すべきですよ。
「集団的自衛権」については問題視すること自体が大問題ですよ。
自衛隊の活用をタブー視させる目的があるとしか見えません。どこの国民の為に報道機関を名乗っているのでしょうね。少なくとも、日本国民にとってはこんなマスコミなんか害悪でしかありませんよ。
他国のために日本の政府を叩くようなマスコミは不要です。
日本のマスコミなら、日本人が知りたいこと・日本人が知るべきことを報道して欲しいですね。


気になっているのが犯罪関係のニュース。
【ロリコン教師】 教え子女児に猥褻→停職→復職後、学校で女児に何度も猥褻
通りがかった女性を拉致・強姦未遂・強盗殺害
どんどん悪質化しているように思います。
刑が軽過ぎて抑止効果が減っているのじゃないでしょうかね。
だいたい、教員が生徒に猥褻して停職で済む事が異常ですよ。こんなのは即座に解雇すべきなのに何故復職させるかなぁ。
性犯罪は再犯率が高い事が知られてます。刑を終えれば再び同じ事をする可能性が高いのですから何らかの防止策を講ずるべきですよ。
犯罪者の人権よりも被害者の人権を守れないのでしょうかね。
我々一般人にとっては「性犯罪は死刑」でも良いのですけどねぇ〜、反対する人はなぜ反対するのでしょうね。
「通りがかった女性を拉致殺害」の犯人も再犯する気満々のようです。反省の色など微塵も無いじゃないですか。死刑にしておかなければ、また犠牲者を生みますよ。
まあ、性犯罪だけで死刑は無理でしょうが
【ポーランド】 性犯罪者を「強制的に去勢」へ
の方法なら可能でしょう。
韓国でも実施するために法整備が進行中です。
日本もぜひ導入すべきですね。
【2008.09.27 Saturday 11:25】 author : N/T
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/683609
トラックバック
累計