過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< ドローン事件 | main | 「くだらない批判」ランキング >>
野鳥撮影
 最近、野鳥撮影にハマってます。
 1月の終わり頃、栗林公園でいつものように景色の撮影をしていたところ、見慣れない野鳥を多種発見。
 調べるとカワウ・キセキレイ・ツグミ・コガモ・ヒヨドリ等々。
 普段見慣れているハト・サギ・スズメ・カラス等とはかなり違う。
 それまでは興味も無かったので気付きもしなかっただけなのでしょうけど、気付いてしまうと結構面白いことが判明。
 まだ初心者ですから、何を見ても珍く見えますが、さすがに3か月ほど経過した現在では、ヒヨドリやムクドリ・シジュウカラ・エナガあたりは別に珍しくないこともわかってきました。
 ちなみに、カミさんは私よりも熱心になってしまっていて、休日のたびに「どこか連れて行かなければ…」というプレッシャーを感じてます。
 この5連休は毎日、県内の山河に出かけては野鳥撮影してました。

 野鳥を見ていて色々感じるところが有るのですが、私が子供の頃に比べれば格段に野鳥の種類が増えたように思います。
 昔だと、高松ではシラサギを見る機会なんて殆ど有りませんでしたが、いつの頃からかシラサギなんてカラス並みに見かけるようになりました。
 ハクセキレイも多数見かけますが、子供の頃には滅多に見なかったように思います。
 黄色い鳥や青い鳥なんて鳥籠の中でしか見たこと有りませんでしたが、今では栗林公園に行けば時折見かけます。
 これは開発が進んで山で住めなくなった鳥が公園に逃げてきているのでしょうし、農薬を使わなくなって鳥が住みやすくなったことも影響しているのでしょうね。
 ただ、引き換えにスズメの数が減っているように思いますし、ツバメは数が激減しているとのこと。
 ハトだって昔は市街地を大群で飛んでいたのに、今ではそんな光景は見かけません。
 生態系が変化しているのかもしれませんね。
 まあ、ハトの減少に関しては生態系よりも条例で鳥の飼育が困難になったことが原因かもしれませんが。

 さて、明日はどこに行こうかなぁ〜

神社の屋根でくつろぐイソヒヨドリ
イソヒヨドリ

JUGEMテーマ:日記・一般


【2015.05.08 Friday 20:41】 author : N/T
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865138
トラックバック
累計