過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 居酒屋まで禁煙へ | main | 大騒ぎの裏で >>
道徳否定
 左翼にとって国家の安泰は大敵。
 国情が不安定で貧しく国民が不満を抱えている状態でないと左翼革命は成立し得ませんから、国民の豊かな生活や道徳心に満ちた平和な教育なんかは致命的環境となります。
 左翼思想家が教育勅語を目の敵にするのはそういう理由です。
 森友学園問題なんかを見れば判りますが、まだ確証が何も出てきていないようですから、何の証拠も無い状況下で誤認やデマを混在させつつ憶測と決めつけを主体に袋叩きにしている状態です。
 安倍総理の名前が使われていたことがバッシングの発端でしょうが、左傾マスコミが血眼になってアラ探ししているのは右寄りの校風が原因としか思えません。
 まあ、確かに疑惑は多いのですけどね。やるならちゃんとスクープを掴んでからじゃないと、ただの誹謗ですよ。

 で、左傾が目の敵にする教育勅語ですが、内容を知っている人は少数派でしょう。
 ・教育ニ関スル勅語 - Wikipedia
 明治天皇が国民に語り掛けるような文体で書かれており、主体となる内容は12の項目が列挙されています。
1.父母ニ孝ニ (親に孝養を尽くしましょう)
2.兄弟ニ友ニ (兄弟・姉妹は仲良くしましょう)
3.夫婦相和シ (夫婦は互いに分を守り仲睦まじくしましょう)
4.朋友相信シ (友だちはお互いに信じ合いましょう)
5.恭倹己レヲ持シ (自分の言動を慎みましょう)
6.博愛衆ニ及ホシ (広く全ての人に慈愛の手を差し伸べましょう)
7.学ヲ修メ業ヲ習ヒ (勉学に励み職業を身につけましょう)
8.以テ智能ヲ啓発シ (知識を養い才能を伸ばしましょう)
9.徳器ヲ成就シ (人格の向上に努めましょう)
10.進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ (広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう)
11.常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ (法令を守り国の秩序に遵いましょう)
12.一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ (国に危機が迫ったなら国のため力を尽くし、それにより永遠の皇国を支えましょう)
 12番目は特に左翼が忌み嫌う内容ですから、日本国民の目には触れさせたくないのでしょうね。
 現代の日本人に12番目を説いてもその重要性を理解できる人は少ないでしょうが、1〜11番は普通の知能と良心が有れば大切なことだと理解できるはず。
 12番が現憲法にそぐわないと考えるのであれば、11番までを大切にすれば良いでしょう。
 それを大切にしないと考えるのは「普遍的な人類の道徳」とは異なりますよ。
 民進党に至っては「教育勅語の内容は「『民進党の考え方と全く違う』」とまで言い切ってますから、善悪の基準が日本人とは大きく異なるのでしょうね。
 まあ、言ったのは二重国籍問題のあの人ですから、そういうことなのでしょう。

 教育勅語を問題視する左翼マスコミも教育勅語の内容は一切出しません。
 出せば日本人なら賛同することが判っているからなのでしょう。
 情報隠蔽でイメージ操作しているのでしょうね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2017.03.10 Friday 19:04】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865227
トラックバック
累計