過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< どこまで低レベル? | main |
どうするトランプ氏
 馬鹿のおかげで株価暴落中。
 ・【北】グアム島周辺へのミサイル攻撃作戦を作成中と発表
 ・【米】北朝鮮に対する先制攻撃の準備完了
 最近の北のミサイル技術ならグアム周辺海域に着弾させることは難しくないでしょうね。
 発射実験も超々高高度まで上げる実験は成功しているのですから、これ以上は上に向けて打ち上げても第2宇宙速度を超えて地表に戻ってこなくなります。
 というわけでICBMとしての射程距離実験も日本海への着弾ではもう限界。太平洋に打たなければ実験はできないでしょうね。
 グアム周辺への攻撃も北にとっては威嚇よりもICBMの完成のためには避けて通れないと思われます。
 グアムを選んだ理由も地球儀で見てみれば判りますが、北の領土から他国を避けて太平洋に打つなら黄海川海岸からフィリピン海に向けてとなりますが、いつもの場所あたりからなら山口県を超えて周防灘から太平洋となります。
 しかし、本気で米軍が迎撃するとすれば、在韓米軍配備THAADの防衛範囲を避けなければならず、日本海側北東ウラジオストク寄りから日本を超えなければなりません。
 さすがに日本を超えるとなれば関東上空は通せませんから、防衛の薄い中国地方・瀬戸内・四国を超えて太平洋のルートとなりますが、その先に有るのが北マリアナ諸島。米軍にとって大切なグアム空軍基地が有ります。
 ネットでは「日本上空通過するなら撃墜」という意見が多数ですが、超高高度を通過するICBMにはSM3でも届きませんから撃墜不可能。
 このコースで発射されればTHAADの守備範囲外ですし、日本からじゃ手出しできませんからグアム沖で迎撃するしかありません。
 ま、日米が最も防衛し難いルートであり、米国に喧嘩を売りつつ日本にも嫌がらせが出来るという、北にとっては最高のターゲットですね。

 さて、問題はトランプ氏。
 万が一にも迎撃失敗すればミサイル防衛網が根本から崩れ、中朝露のタガが外れるのは避けられません。
 となれば、発射させずに先制攻撃で叩かざるを得ないでしょうが、7〜800か所も有ると言われる拠点をほぼ同時に壊滅させなければ東京とソウルが火の海になるでしょうし、1万門を超える38度線付近の長距離砲も同時に無力化しなければソウルは壊滅します。
 米軍側は無差別攻撃が出来ないですから弾道弾は使えません。拠点のピンポイント攻撃となれば、B52・B1・B2の戦略爆撃機を総動員、SSBNとミサイル巡洋艦からのトマホーク一斉射撃、空母打撃艦群と在韓米軍からのF-35・FA-18・A-10等による一斉攻撃、これだけの火力を投入してもさすがに短時間で壊滅させるのは難しいでしょうね。
 もはや話し合いで解決できるような状況ではありませんから交戦は避けられないでしょうが、難しい作戦展開となるでしょうね。
 さて、商人でしかないトランプ氏にその決断が出せるでしょうかね。
 とは言え、先延ばしすれば事態は悪化するだけ。オバマ氏が先送りしてきたツケ払いは早めに済ませなければ米国本土が次のターゲットとなりますよ。
 就任初年で難しい決断が迫られますね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2017.08.11 Friday 20:48】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865247
トラックバック
累計