過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 人選 | main | まさかの一手 >>
矮小化
 またもやJアラートが出ましたね。
 バカの火遊びに付き合わされるのは日米韓、株価も為替も乱高下で経済にも悪い影響は避けられません。

 ここのところ繰り返される暴挙にマスコミは制裁への反発だとか軍事演習に対する反発だとか言ってますが、果たしてそうでしょうかね。
 実際にはトランプ氏が柔軟姿勢を示すたびに核実験とミサイル発射を繰り返しています。
 まあ、何れの理由もタイミングが合っているのは事実ですから、反発なのか甘えなのかは断定できませんが、日本のマスコミが反発で断定しているのはちょっと異常に感じます。
 左派マスコミは「圧力を掛けるから反発する」と主張してますが、米国が本気で軍事圧力を掛けても反発できるでしょうか。
 「ミサイル発射とともに斬首作戦発動予定」とリークすれば反発してミサイル発射するでしょうかね。

 米国も現状では中露との衝突を避けるために先制攻撃はしないでしょうが、米国本土に届くミサイルが出現すれば中露にかまっていられなくなるでしょう。
 いざとなれば韓国は犠牲にするでしょうし、場合によっては日本だって犠牲にしてでも米国本土は守るでしょうね。
 北の技術進歩がこのまま進むならば、それはそう遠くないことです。

 この状況下で一番不満に思うのは日本のマスコミがこの事実を矮小化していること。
 北が暴発すれば韓国には長距離砲の一斉射撃、日本にはミサイルの飽和攻撃が襲います。
 核を搭載するのはミサイルですから、日本は喉元に核を突きつけられている状態です。
 中長距離ミサイルは既に量産されている可能性が有りますから、PAC3やSM3の総数を上回るミサイルの一斉攻撃は防ぎようが有りません。
 にもかかわらず、避難訓練を批判するマスコミは居ても北への適地攻撃の必要性を言うマスコミは有りません。
 それどころか事態を矮小化して報道、扱いもミサイルの性能を言うだけで真の危険性には触れもしません。
 誰のための報道工作なのでしょうね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2017.09.16 Saturday 11:15】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865252
トラックバック
累計