過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 横綱引退 | main | 巡航ミサイル導入 >>
また嫌煙ファシズム
 とどまることを知らない嫌煙ファシズムが、また暴走してますね。
 ・リスク検証せずに加熱式タバコまで規制
 連中の言い分としては「吐息にニコチンが含まれる」とか、煙代わりの「PGやVGは危険だ」のだそうですが、PGやVGは安全来は認証済み。
 微量のニコチンはドーパミン神経を刺激し「快の感情」に効果があります。ただし、度が過ぎればそれによる依存性へと発展します。
 日本では毒物扱いですが、過剰摂取すれば薬も毒になります。
 発癌物質だと言われますがニコチンそのものには発癌性は無く、代謝物であるニトロソアミンに発癌性の可能性があります。
 まあ、結果的に発癌の可能性は有るわけですが、微量のニトロソアミン継続摂取で本当に発癌するかどうかはまだ研究中らしいです。
 現実的に見て、喫煙者と非喫煙者の発癌率の違いに大きな差があるようには感じませんが、毒性や発癌性の強いタール分が無くなった場合、喫煙者と非喫煙者の発癌率の違いはゼロになるのじゃないでしょうかね。

 嫌煙活動家は理論っぽいことを規制の根拠として並べていますが、いずれもツッコミを入れたくなるようなデータや極論ばかりで、少し冷静に考えれば論拠にならないことが判ります。
 このあたりの論法は「反原発」の論法と酷似してますね。

 マイケル・ラッセルは「ニコチンのために喫煙し、タールによって死んでいる」と述べていますが、タールも一酸化炭素もPM2.5も発生しない加熱式タバコまで規制する必要なんてないでしょう。
 「吐息にニコチンが含まれる」という人達は他人の吐息を口移しで吸い込んでいるのでしょうかね。
 有害であるというなら、通常の使用状態で近隣の人間にどれだけの害が有るのか実証してデータを示して欲しいものです。
 ま、化学的に有意な実験データなら「無害」の結論になるでしょうけどね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2017.12.08 Friday 20:00】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865263
トラックバック
累計