過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 巡航ミサイル導入 | main | 迎春 >>
プルームテックのニコチン増量
 プルームテックは1回吸うことを「1パフ」と表現します。
 前回の記事の後、色々とJTに問い合わせしてみたところ記事内容にいくつか間違いがありました。
 まずニコチン量ですが、1mgタバコと同程度だそうで、10パフで0.1mg程度の摂取だそうです。
 次に、JTでは紙巻きたばこ1本は10パフで計算とのこと。
 ですので、カプセル1個で1mgタバコ5本分、1箱で25本分の喫煙量に相当するようです。
 そう考えれば1箱460円は安めに思えます。

 質問は他にも、今後の商品展開(バリエーション)、予備バッテリーの販売、カプセルとカートリッジの個別販売というユーザーとしては知りたい情報を聞いてみました。

 商品展開ですが、現時点では予定はないとのことで、ニコチン量のバリエーションも作らないようです。
 当面はメビウスのみの1mg路線で行くみたいですね。ピースとかケントとかも出してほしいし、何よりもニコチン量のバリエーションは欲しい…
 ま、「質問は今後の参考にします」とのことですから、同様の問い合わせが多ければ考えてくれるかもしれません。

 予備バッテリーは12月20日から販売との回答で、ユーザー登録している人限定ですが実際に販売は開始されました。
 価格は1,500円+送料です。
 これで互換品を買う意味は無くなりました。

 カプセルとカートリッジの別売はしないと断言されました。
 規定量を守って利用してほしいとのことです。

 まあ、予測していた通りの回答でしたが、プルームテックの一番の弱点はやはり吸い応え。
 最初の10パフくらいは普通にタバコですが、それを過ぎると薄味になります。
 30パフを超えるころにはスカスカですし、40パフを超えればほとんど味がしません。
 さすがに30パフで交換は不経済ですから、何とかならないものかといろいろ試してみました。

その1 カプセルに休憩させる。
 時間をあけると成分が湧出してくるのか、味が復活します。
 しばらく放置すれば多少吸えるようになります。

その2 カートリッジのリキッドを変える(実行は自己責任で)
 煙の元になるのはカートリッジ内のリキッド。
 リキッドはVG(ベジタブルグリセリン)とPG(ポリフェノールグリコール)の混合液に香料を混ぜたもの。
 VGは煙(蒸気)の元で甘みがあり、PGは成分を体に吸収させる働き(=刺激の元)です。
 VG:PGを1:1くらいのものをリキッドとして使用するとか、強メンソールのものを使用するとかすれば、出がらしのカプセルでも再利用が可能です。
 リキッドの変更は「アトマイザー」を買うか、カートリッジを再生するかすれば簡単にできます。

その3 最終手段 ニコチンの増量 (実行は自己責任で)
 実はニコチンは合法的に個人輸入できます。
 ただし、医薬品の扱いになりますから、一回の輸入量には制限がありますし、他人に譲渡すれば薬事法違反となります。
 でも、自分で輸入して自分で使用する限りは規制の対象外とのこと。
 というわけで日本人向けの米国通販サイトは「ニコチン入りリキッド」で検索すればあっさりと出てきます。
 ニコチン増量で使用すると、通常の紙巻きタバコは欲しいと感じなくなりました。しかも、ノーマルのカートリッジで使用した後の「出がらし」のカプセルでも暫くは吸った感じがします。かなり経済的です。
 もちろん、ちゃんと計算して濃度を考えないと過剰摂取になりますから注意しましょう。
 私はこちらのサイトを使ってます。
 ・VAPE.SHOP
 混合比率の計算ページも有ります。
 なお、ニコチンが毒物だということを忘れないように。5.4%のニコチンリキッドは飲み干したりすれば致死量を軽く超えます。
 子供の手の届く所に置いてはいけませんし、他人が触れないようにしておいた方が良いでしょう。

ニコチン増量法
 カートリッジを再利用するリーズナブルな方法と、手間を掛けずに空のカートリッジ(アトマイザー)を買う方法があります。
 アトマイザーはアマゾンでも売ってますので手軽に入手できますが、1本500円くらいしますし、10回くらいしか再利用できません。
 でも、アトマイザーを買うならニコチン入りリキッドを買って注入するだけですから簡単です。

カートリッジ再生
 カプセルを入れる側の奥にプラスチック製の中蓋があるので、これを先ず外します。
 外し方はφ3.5mmくらいの木ネジを中蓋の穴にねじ込んで力任せに引き抜くだけですが、固いものはテコの原理で動かさないと動きません。一度動き始めれば手で引き抜けます。
 中蓋の下には綿が詰めてありますから、その綿にリキッドを染み込ませればOK。
 シリンジ(注射器)があれば作業が楽です。シリンジは100均でも針付きで売ってます。
 注入後は口でくわえて息を吹き込めば、空気穴の中に入ったリキッドが出てきます。
 最後に、中蓋を元に戻せば完了です。

JUGEMテーマ:日記・一般



【2017.12.23 Saturday 18:17】 author : N/T
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865265
トラックバック
累計