過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 迎春 | main | もうじき冬季五輪 >>
VR
 ちょっと試してみたくてこんなものを買ってしまいました。

 スマホ画面を利用したVRです。
 ちゃんとしたVRは体験したことが有り、その臨場感には驚いたものですが、スマホ画面を利用したVRがどういうものなのか勉強のために買ってみました。

 装着感は価格から考えれば秀逸。
 軽くて疲れません。以前、PS3用に買ったヘッドマウントディスプレイ(HMD)と比べれば雲泥の差。価格は1/20なのにこちらの方が圧倒的に良い感じです。
 操作性は「使い難い」としか言いようが有りませんが、画面のタッチ操作で動くスマホをヘッドセットに格納してしまうのですから、操作性は良いはずが有りません。これは根本的な問題です。
 ただ、付属のリモコンである程度の操作はできますし、Bluetoothで接続すればタッチパッドやキーボードも使えるでしょうから、工夫と努力で何とかできそうです。

 装着すれば周囲は何も見えません、従って飲み物も何も口にできません。これはHMDの宿命ですから回避策は有りません。
 まあ、ここまでは想定通りですので特に問題は無いのですが・・・

 やや想定から外れていたのは臨場感。
 まあ、何万円もする本物と比べればどうしてもチープにはなります。
 臨場感を落としている原因は視野の狭さ。カタログスペックでは十分な広さがあるはずですが、なんか狭く感じます。
 とは言え、辛抱できないほどではありません。

 私が感じた一番の問題はソフトの「完成度」と「数」ですね。
 GooglePlayでは無料ソフトしか見つけられませんでしたが、画質が悪いかチャチな画像が多かったですね。
 VRにする意味を疑うような内容の物も少なくありません。
 まあ「無料だからこんなもの」と割り切って考えれば済む話ですが、有料でも良いからもっと良い物を出して欲しいですね。
 とまあ、ここまではまだ許容範囲でした。
  腹が立ったのはドコモのdTV。
 こちらは有料だからかなりの物を期待していましたが、VRの意味が無いものばかり。
 しかも、圧倒的に数が少ない。
 サマーズのトーク番組をVRで見て何か意味が有るか?
 金取って流す番組ではないと断言できますね。

 VRは娯楽以外の用途も広いのですが、やはり娯楽には力を入れて欲しいところですね。
 クールジャパンの真髄を見せるチャンスなのですから、VRでアニメ作りとか頑張れる分野は広いと思うのですけどねぇ。

JUGEMテーマ:ニュース



JUGEMテーマ:日記・一般



【2018.01.13 Saturday 15:50】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865267
トラックバック
累計