過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 乗っ取り | main | また銃乱射 >>
規制ありきの調査
 規制を掛けるのが目的なのか、課税強化のために悪者に仕立て上げたいのかは判りませんが、この調査結果なんて国民を洗脳するための文章でしかありませんね。
 ・加熱式たばこを規制対象にするための調査結果?
 ある程度の知識がある人なら冷静に読めばすぐに判りますが、これはもう批判のための無茶苦茶なこじ付け。
 タバコの害と言われる物質にはニコチン、タール、一酸化炭素、PM2.5あたりが特に指摘されますが、嫌煙団体の主張では更にアセトン、ヒ素、ブタン、カドミウム、トルエンあたりも話題に上がってきます。
 まあ嫌煙団体の主張ですから、タバコから排出されるそれらの有害物質が出ている量や同室内での他者へが吸引してしまう量なんかは一切触れられていませんし、その程度の量で本当に人体に影響があるのかどうかは科学的根拠なんて示されていませんが、タール、一酸化炭素、PM2.5に関しては多少なりとも影響はあるでしょうね。

 ニコチンは「強い依存性が有る」という理由で敵視されてますし、嫌煙団体の主張では麻薬よりも強い依存性があるとのこと。
 喫煙者からすれば「馬鹿じゃねーの」というような主張ですが、喫煙しない彼らは信じているのでしょう。
 しかし、報道内容ではニコチンには触れていません。喫煙程度の量では害が無いに等しいから言えないのでしょうね。

 そもそもタバコの害の主役は燃焼により発生するタール等の有害物質。
 燃焼しない加熱式タバコでは殆ど発生しないものばかりです。
 ただ、アイコスやグローのような焦げ目が付くほどの高温加熱式ならば、物によっては発生するでしょうから、それが今回の結果でしょうね。
 JTのPloomTechは低温加熱式(実際は蒸気による濾過方式)ですから、この結果よりも更に無害ということになるでしょう。
 厚労省の過去の発表では個別銘柄を明記しているのに、今回は銘柄を出していないのがその証拠です。

 報道に述べられているのはホルムアルデヒドとアセトアルデヒドのみ。二つとも今までタバコに含まれる有害物質としては嫌煙団体ですら無視していたものばかり。
 今まで批判のネタにされていた他の有害物質は、アイコスやグローでさえ検出できなかったのでしょうね。
 で、その批判論法が紙巻たばことの比較のみ。数値は出ていません。
 出せないからですよ。
 数値を出せば問題無しということがバレてしまいますからね。
 タバコに含まれるホルムアルデヒドなんて、どう考えても超微量。呼気に含まれる量が室内に広がっても環境基準に比べれば無視すべき値でしょう。
 アセトアルデヒドに至っては飲酒後の尿の方が圧倒的に多いことくらい想像するまでも無いこと。
 タバコで二日酔い症状が出たなんて話は聞いたことが有りません。呼気に含まれるホルムアルデヒドよりも居酒屋のトイレ周辺の空気の方が圧倒的に高濃度だと断言できます。
 ごり押しでも「毒性がある」事にしたいという思惑が見え見えです。

 更に酷いのは「他人に与える影響はゼロではないとして規制対象に加えることを決定」の部分。
 「ゼロではない」は根拠を示しておらず推測ですから、官僚用語としては「害悪が検出できなかった」ということ。普通の日本語に言い換えれば「調べたけど無害だった」です。
 憶測だけで規制対象にするのですから、法治国家とは思えない暴挙です。
 こんな理論が通るなら、依存性で言えばコーヒーや紅茶・緑茶のようにカフェインが出るものは全て規制対象とすべきですし、健康被害を理由にするならタバコよりもはるかに有害で被害者の多い「砂糖」は全面禁止にすべきです。
 他の物に置き換えて考えれば、極めて横暴な話ですよ。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.02.02 Friday 20:08】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865270
トラックバック
累計