過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 規制ありきの調査 | main | 働き方改革 >>
また銃乱射
 またもや自動小銃での乱射事件。
 ・【米・銃乱射事件】火災報知器作動させ、生徒らおびき出す
 今回使われたのは「AR-15型」だそうです。
 「型」となっているのはAR-15には派生型が多く、ゴルゴ13の使っているM16もその派生型1種。
 元々は米軍の制式銃ですし、派生型は世界中の軍隊で使われています。そんな銃ですから、殺傷力は強力です。
 米国の銃規制は週によってまちまちなので、事件の有ったフロリダではどうなのか判りませんが、自動小銃でもフルオートの機構を外しておけば販売OKな州も多いはず。
 今回も連射したような感じではないので半自動での乱射でしょう。フルオートで乱射されるよりは被害が小さいでしょうが、それでも17人も亡くなっています。
 軍用の銃ですから、セミオートでも惨事になってしまいます。

 乱射事件のたびに問題となるのが銃規制。
 こんな軍用銃が6万円程度で販売されているのですから、問題ありまくりですよね。
 ちなみに、東京マルイあたりが出しているオモチャの電動エアガンがほぼ同価格です。
 銃によってはオモチャの方が高額ですから、複雑な気持ちになりますね。

 銃規制が進まないのは悪名高い全米ライフル協会が主因ですが、米国の「自分の身は自分で守る」という歴史的な国民性が根底にはあります。
 悪人が銃を持っているのですから、丸腰では対抗できないが銃で武装していれば襲ってこないという理論は正しいとは思いますが、国家間の紛争じゃないのですから一般国民すべてから銃を奪えば済む話。
 日本を筆頭に大半の先進国はそういうルールで国民の安全を確保しているのですから、米国だって本気になれば可能ですよ。
 政治家の票のためにライフル協会の言いなりになっていたのでは、これからも犠牲者は増えるだけ。
 「ライフル協会の支援を受けている政治家は当選させない」くらいの意思を米国民は示すべきじゃないでしょうかね。
 どれだけの血を流せばそれに気付くのでしょうかね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.02.16 Friday 17:27】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865271
トラックバック
累計