過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< KP買いました | main | KP、暫く使ってみての感想 >>
KPの高感度特性をテストしました
 KPの高感度撮影の状態をテストしてみました。

まずはISO 100、低速シャッターですので多少のブレが有ります。
サイズは1/15に縮小してあります。
a100

ISO 102400、通常のフルスクリーンで見る分には問題ありません。
a102400

ISO 204800、フルスクリーンならやや画像の荒れが出てきます。
a204800

ISO 409600、フルスクリーンでも画像の荒れが目立ち始めてきます。
a409600

ISO 819200、画像の荒れが目立ち、変色も目立ちますが、記録としてなら使えるレベルでしょう。。
a819200

こちらはピクセル等倍にトリミングしたものです。
ISO 3200、若干のノイズが有りますが、たぶん私の設定が不完全なことが原因と思われます。写真はわずかにブレています。
3200

ISO 12800、ノイズは多少増えた感じ。辛抱すれば使えます。
12800

ISO 51200、ノイズが目立ち始めます。輪郭もぼやけ始めます。
51200

ISO 102400、ノイズがかなり目立ってきて、輪郭がはっきりしなくなります。
102400

IOO 204800、さらにノイズが目立ってきて、輪郭が判り難くなります。
204800

IOO 409600、ノイズばかりが目立ってきて、輪郭がかなり崩れています。
409600

IOO 819200、ピクセル等倍ではノイズばかりが目立ち、輪郭はもう判りません。
819200

 IOO 819200が割と使い物になるのは驚きでした。暗い森で珍しい生き物を見つけた時のように「暗いけどとにかく写したい」と言うときには威力を発揮するでしょうね。
 ISO 102400くらいで使えば、ISO 1600で1分かかっていたものが1秒で済むのですから、天体撮影なら自動追尾の赤道儀を使わなくても普通に三脚固定で星雲撮影できそうです。
 技術の進歩って凄いですね。

JUGEMテーマ:日記・一般



【2018.03.16 Friday 20:22】 author : N/T
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865275
トラックバック
累計