過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< KPの高感度特性をテストしました | main | いつまでやる気 >>
KP、暫く使ってみての感想
 暫く使ってみての感想です。
 K-3からの乗り換えですから、やはり多少の不満は出てきますね。
 ピクセル等倍で見たときのノイズは、青空とかのように同じ色が広がっていると感度3200くらいから多少気になりはじめます。
 ピント精度は良いですが、630mmで使うと合焦し切れていない時も有ります。ただ、F8になりますから本来のオートフォーカス可能域からは外れていますので合焦する方が凄いのですが。
 メニューからセンサーチェックが無くなっているのは下位機種の証でしょうかね。便利な機能なのですけどねぇ…
 一番残念なのはビューモードでのフォーカスの遅さ。レンズのせいかも知れませんが、凄く遅い。
 まあ、一度別のレンズで試してみないと判りませんが、450mm+1.4×テレコンでは激遅でした。
 位相差方式は速いのですが、激速というほどではなくK-3よりは速いという程度です。

 デザインは良いと思いますし、ボタン類も意外と使い易い配置になってますが、残念なのはグリップが小さすぎること。
 一番大きなグリップに交換していますが、それでも小さい。
 まあ、使っているうちにかなり慣れてきて違和感は無くなりましたが、もっと大きなグリップを出して欲しいところです。
 ただ、このあたりは小型軽量に徹した結果なのでしょうね。
 グリップのせいもあり、本体はかなり小さく感じます。

 逆に予想に反して良かったものとしては、以前にも書きましたが機能ダイヤルと設定ダイヤルの組み合わせ。
 機能ダイヤルには3つまでユーザー設定が可能で、選択した機能は設定ダイヤルを親指で回すだけで切り替え可能。
 これは重宝してます。
 フォーカスの追従性脳も良くなっていて、飛んでいる鳥を流し撮りしても合焦してくれます。
 高感度耐性もなかなかのもので、雨天の夕方のように多少暗いくらいなら感度12800で撮影しても使える画像が取れました。
 下の写真は感度6400で撮影したバンをピクセル等倍で切り出したものです。
バン
 曇天で暗い上に茂みの中ですが、1/1250 F9 で撮影していますが、ディテールの崩れも無く細部まで写っています。

 「K-3靴覆蕕發辰叛┐っただろうなぁ」という思いは有りますが、現時点では私の用途に適合した使い易いカメラです。

JUGEMテーマ:日記・一般



【2018.03.23 Friday 20:28】 author : N/T
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865276
トラックバック
累計