過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 音速の壁 | main | 南北首脳会談 >>
次官セクハラ騒動
 連日大騒ぎの福田次官セクハラ疑惑。
 これだけ騒ぎながらいまだに「疑惑」というのは不思議なところですね。
 そもそも「セクハラ」は相手がどう感じたかによって決まるもの。嫌だと感じていればセクハラに該当しますが、そうでなければ成り立たないもの。
 今回の件は本人の名乗り出があったためセクハラと言ってもいい状況になっていると思うのですが、司法判断が出ているわけでもないしなかなか断定はできないのでしょうね。

 裁判になったところで本当に認定されるのかどうかは難しいように思います。
 過去にもセクハラ発言があったにもかかわらず、女性記者が自分から近づいている段階で世間からはハニトラと受け取られても仕方ない行為じゃないでしょうか。立場的にも官僚よりはマスコミの方が上でしょう。
 近づく側に下心が無ければ近づきはしないでしょうし、それが「情報漏洩」を狙ってのこととなれば、セクハラの言葉を浴びせられたからと言っても、世間から見れば軽い扱いになるのは仕方ないこと。
 しかも、体に触るなどの行為があったのならばともかく、暴言を言われただけなら「近づくことを強制した上司や会社の雰囲気」の方が問題としては大きいのじゃないでしょうか。
 セクハラ暴言の相手が一般人や彼の部下なら許されざる暴挙と言えますが、下心をもって自分から近付いているマスコミですからねぇ。
 今回の件に関しては被害者に同情する気にはなれないですね。

 更に女性記者の立場を悪くしているのが自社で報道せずに他社週刊誌に情報を提供したこと。
 「テレビ朝日」の看板で近づき会話を隠し撮りし、その内容を他社に流したことは報道人としてはいかがなものでしょうね。有識者からはすでに批判が出ていますし、マスコミ内部でもかなりの批判は出ているでしょうね。

 テレビ朝日は財務省に抗議したようですが、その前に、『女性記者に「セクハラおやじ」の取材を夜の飲み屋で行わせる』という行為に対する処分はしないのでしょうか。
 担当上司の更迭くらいは当然でしょう。その上で全社で再発防止に取り組むくらいの姿勢は常識じゃないでしょうか。これがマスコミ以外の組織で行われていたことなら、マスコミはバッシングするでしょう。
 財務省に抗議したところで組織ぐるみの問題じゃないのですから、再発防止の効果なんてありませんよ。
 原因の方を叩くべきですね。

 もう一つ、セクハラ認定されるかどうか微妙な案件をマスコミが異常に騒ぎ立てる裏では、米山新潟知事(共産・社民・自由党推薦)の買春疑惑辞職がこそこそと報道されてました。
 こちらは本人も認めている案件で、出会い系サイトで知り合った女性に1回数万円を渡して買春していたというもの。まあ、買春として立件される見通しは無さそうですが、こちらは公職の人間である上に、多数の女性に対する買春行為ですからセクハラ暴言どころではなく女性侵害しているでしょう。
 政府側の人間ならば発言だけで袋叩きし、左派ならば明確な行動を伴っていても最低限の報道だけ。
 マスコミの姿勢が問われますね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.04.20 Friday 19:01】 author : N/T
| ニュース | comments(2) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
ハラスメントを色々調べていくと、恐ろしくなりますね。
女性に対して「君は綺麗だ」と言った場合でも、相手が「美醜で女性差別に反対する運動家」だとするとセクハラになる!
まぁ、日本では罪にはならないでしょうが、アメリカでは敏腕弁護士が上手に陪審員を集めると判らないそうです。
パワハラでも、業務命令の一環だとしても、「聞いた相手がパワハラと感じた」としたら???
こんな事で一々問題にされたら、会社業務はストップ!!!
極例と思われるかも知れませんが、状況・環境次第です。
| FUKUCHAN | 2018/04/21 2:44 PM |
 この件も報道が真実だとしても「飲み屋で酔っ払いが飲みに誘ってきた相手に猥談をした」ですもんね。
 それを世間に編集して与えた社会的制裁は「社会的地位をすべて奪って自殺に追い込むレベル」ですからねぇ。
 「マスコミに嫌がらせしたらこうなるぞ」という見せしめでしょうね。
| N/T | 2018/04/22 8:08 AM |
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865280
トラックバック
累計