過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 米朝会談の行方 | main | 大阪地震 >>
最悪のシナリオ?
 「歴史的会談」と左派は喜びましたが、実際のところは何の実績も無いまま北の体制維持を確約しただけという結果。
 核やミサイルの廃絶に向けた話は曖昧なままで、何のスケジュールも目標期限も無いまま終了。
 オマケに核やミサイルの放棄費用は米国は払わず日韓に払わせると演説する始末。
 前回書いた「最悪のシナリオ」そのままの結果でしたね。
 韓国は援助するほど余力は無い上に「日本に全額払わせろ」という世論が沸き起こるのは疑う余地の無いくらい確実。
 日本はそもそも援助する理由は無い上に拉致問題が未解決。援助どころか被害者家族への慰謝料や日本の払った調査費用を請求すべき状態。
 結果的に核放棄の費用は支払われず、北が核武装を続ける根拠となってしまうでしょうね。

 トランプ氏の真意が判りませんが、米国内向けのパフォーマンスでしかなかったのなら噂通りの外交無能の大バカですね。
 しかし、優秀なブレーンが付いていながらこんなバカをやるでしょうかねぇ。
 ・・・やりかねんなぁ orz

 バカでないことを期待すれば、北が核放棄しないことを見越した上でそれを武力行使の口実にしたいのかも知れませんね。
 体制崩壊させない限り、北の国民は救われないでしょうし、半島に真の平和が来ることも無いでしょう。
 そのためには武力行使が必要でしょうから、その布石と考えれば今回の結果は理解できます。
 体制崩壊後に親米の自由主義国を作るか韓国と併合させるかすれば、米国にとっては中国とロシアの両方に睨みを利かせる軍事拠点となります。米軍にとっては極めて大きなアドバンテージですね。
 そこまで考えていればいいのですが、トランプ氏の真意はどこに有るのでしょうね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.06.16 Saturday 18:52】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865287
トラックバック
累計