過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 大雨 | main | 夏の故障 >>
まさかの大災害
 亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 前回の随想を書いていた時点では豪雨による被害があちこちで出ていましたし、死者も3名は出ていたので「大変な災害になったなぁ」と思っていたのですが…
 あれがまだ序盤だったとは。orz

 その後1時間もしないうちに身内の住む岡山にも大雨特別警報。
 岡山の身内からは「横の田んぼでコイが泳いでる」との連絡。
( ゚д゚)ハァ?
 直線距離では30kmもない距離ですが、雨の降り方は香川とは全然違っていたようです。

 一夜明ければ更に被害の大きさに驚きました。
 岡山の身内の家の周囲は既に水面下で近隣が床下浸水する中、かろうじて浸水を免れていたとのこと。
 写真を送ってきてましたが、見渡す限り水面。建物が無ければ水平線が見えるくらいの勢いでしたね。
 近所のスーパーは店内の商品棚に迫る水位になっていました。
 しかし、それでもまだ被害は軽い方だったとは・・・

 そこから10kmくらいしか離れていない倉敷市真備町では屋根まで水に浸かってました。
気の毒なことに犠牲者も多数。
 広島では更に甚大な犠牲を出してました。

 今回の大災害では色々と考えなければならないことが出てきました。
 愛媛では基準を超えるダムの放流で水害が増大しました。
 ダムが決壊すれば未曽有の大惨事となるでしょうから、やむを得ない処置だとは思いますが、犠牲となった人や被害を受けた人にとっては許容しがたいでしょうね。

 もう一つ、避難指示や勧告を出す時間帯とタイミングも問題でした。
 既に水が出ている状態では道と水路の区別がつきませんし、水圧で噴出した下水のためにマンホールの蓋も無くなっています。
 棒で地面を確認しながらでないと進めませんが、非常時にそれを考え家を出る時から棒を持つ人がどれだけいるでしょう。
 更に、暗くなってからでは避難所へ向かうのは自殺行為。
 結局は逃げることもできずに沈みゆく家の中で少しでも高い位置に逃げることしかできませんが、平屋なら豪雨の中、屋根によじ登るほか助かる道はありません。
 難しいことは判っていますが、もっと早い時点で避難指示や勧告が出せるようにはならないのでしょうか。
 人命が掛かっていることですから、何とかして欲しいものです。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.07.13 Friday 20:23】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865291
トラックバック
累計