過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 高額路線 | main | どこまで進む米中貿易戦争 >>
ミネルバ2の切り離し成功
 ついに「はやぶさ2」が探査ロボット「MINERVA-II-1」を「小惑星りゅうぐう」に投下しました。
 13:05に「はやぶさ2」から高度55m程度から分離したようですから、今頃は着地済みじゃないかな?
https://twitter.com/haya2_jaxa
 本体が着地するのはまだ1か月も先の話ですが、ミネルバ着地が成功すれば本体着地成功の確率も高くなりますね。

 「はやぶさ2」の意義は「科学的意義」「技術的意義」「探査としての意義」の3つ。
 科学的意義では太陽系の起源や進化、生命の原材料を研究するためのサンプル採取が目標。
 技術的意義では、日本独自の深宇宙探査技術の継承と発展を期待。
 探査としての意義では科学技術のイノベーションや産業・社会への波及、次世代の科学好き育成等、多岐にわたる精神面や経済面への好効果。
 すべて大切な意義ですが、個人的には最大の効果が有って欲しいのは「子供たちの科学に対する関心の向上」ですねぇ。
 他の意義は少しくらい遅れても取り戻せますが、次世代の育成と人材確保は途切れてしまうとそこでお終い。
 枯渇した人材を復活させるには、気の遠くなるような長い歳月を必要とします。
 科学や技術に興味を持つ人材の確保のためにも、このミッションは必ずや成功させてほしいと願います。

 がんばれJAXA!

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.09.21 Friday 18:27】 author : N/T
| ニュース | comments(2) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
月旅行に巨額の金を使う位なら、将来の日本を見据えてJAXAに寄付するような次世代の子供を育てる必要もありそう。
| FUKUCHAN | 2018/09/21 7:34 PM |
その方が効果は高いでしょうねぇ。
| N/T | 2018/09/22 7:48 AM |
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865300
トラックバック
累計