過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 中国の新鋭艦 | main | ペンタックス >>
K-1 Mark2
 Pentax K-1 MarkHD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW、手に入れました。
 2週間ほど使ってみての感想です。

 まず、判ってはいたけれどKPやK70用のレンズの大半は限定モード(APS-Cサイズで記録)でしか使えません。フルサイズのモードで撮影するとこんなことに…
K-1Mk2の画像


 想定外だったというか下調べ不足だったのがテレコンバータ使用時の制限。
 「テレコンで拡大すればAPS-C専用レンズもフルサイズで使えるはず」と思い込んでいましたが、結果は逆。
 フルサイズ対応レンズでもテレコン自体がAPS-C専用なので上記のような写真が出来上がってしまいます。
 DA 560mmはフルサイズにも対応しているレンズですが、テレコン使うと周辺がケラれてしまいました。オマケにレンズ補正が効かなくなるので盛大にパープルフリンジが出ます。
 1.7倍の「A-FA」を使えばフルサイズで撮影は出来ますが、合計F値が暗くなり過ぎて位相差方式のAFは効かなくなりますし、レンズ補正も効きません。
 もちろん、APS-C専用レンズでもクロップモードをAPS-Cにすれば普通に撮影できますし補正もすべて動作しますが、前述のとおり画像サイズがAPS-Cサイズになってしまいます。
 あと、欠点としてはこれ以外に「内蔵フラッシュが無い」とか「キャッシュメモリが小さい」というところが欠点です。
 そしてもう一つ大きな欠点が電子シャッター。
 シャッター速度が速くても、撮影は受像素子をスキャンするようなので撮影には0.2秒以上かかります。その間にカメラがブレたり被写体が動いたりすると画像が歪んでしまいます。
 これがかなり大きな欠点ですね。

 しかし、それ以外はさすがにPentaxのフルサイズと言わざるを得ません。
 表現力は格段に良い感じですし、暗所にもかなり強い感じです。
 ISO 3200までならピクセル等倍でも気になりません。6400-12800では等倍鑑賞では多少のザラツキが有るものの特に問題なく使用できます。
 25600-51200くらいになるとさすがに等倍では荒れが目立ちますが、画面のフルスクリーンなら問題なさそうです。
 20万以上は色ムラが酷く、ディティールも崩れてしまいますが、記録さえできればいいのであれば使えます。

 手持ちリアルレゾリューションも面白い機能です。
 高詳細画像を手持ちで撮影できるのは素晴らしい機能です。ただ、1枚撮影するのに、撮影後の処理が20秒くらいかかるので多数撮影するのには向かないという欠点が有ります。
 ヒューマンインターフェイスはK-1のままなのでしょうけど、ボタンやダイヤルが判り易くて非常に使い易い配置となっていて、欲しい機能の殆どが1タッチから2タッチで操作できます。
 大きさもフルサイズとしてはコンパクトです。でも質量は他メーカーより重い…
 中身が詰まってるんですねぇ。

 総じて言えば「とにかく使い易い」「表現力が有る」という感じです。
 惜しむらくは800mmクラスの望遠が無いとかテレコンバータ他のレンズラインナップが未発売とか、レンズを筆頭にサードパーティーが周辺機器を殆ど提供していないとか、ですね。
 ま、そのあたりは時間が解決するのかな?


JUGEMテーマ:日記・一般



【2018.11.04 Sunday 18:54】 author : N/T
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865305
トラックバック
累計