過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< レンズ不足 | main |
空母
 以前に書いたことが有るように思いますが、私の期待が実現しそうです。
 ・【自衛隊】 「いずも」を空母化、F35Bを導入へ
 F-35Bは垂直離着陸も可能なSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)型。
 カタパルトが必要ないので、本格的な空母でなくとも運用可能です。
 とは言え、ヘリ空母である「いずも」で運用するには甲板の耐熱化や管制システムの変更等が必要ですから、実現までには時間が掛かりそうです。

 漫画の「空母いぶき」の世界がかなり近づいてきた感じですが、そもそも空母が必要になったのは中国の海洋進出。
 南シナ海ではオバマ大統領が中国の南沙侵略を許してしまいましたが、尖閣と沖縄はそう簡単に侵略させるわけにはいきません。
 日米安全保障条約を盾にとって米軍に丸投げで防衛をさせたりすれば、経済や産業面でとてつもない対価を支払わなければならなくなるのは自明の理。
 従って、米軍の威を借りつつも日本は防衛の前面に立たざるを得ません。
 中国が次々と大型空母を建造し運用を始めているのですから、日本もこれに対抗せざるを得ませんから、空母打撃艦群は必須となります。

 とは言え、ヘリ空母を改造した程度の軽空母では艦載機数もごくわずか。
 正規空母数隻を出されては、飽和攻撃されて太刀打ちできないでしょうね。
 さっさと憲法改正して正規空母を中心とする空母打撃艦群を構成しなければ、いずれは中国の侵略を許すことになるでしょうし、最悪の場合はそれが引き金となり米中戦争から大戦へと発展する可能性も有り得る話。
 軍事はバランスが大事。均衡が崩れれば抑止力が効かなくなり軍事衝突に進むのですから、日本も早く同等の軍備を揃えなければなりませんね。
 中国の軍拡には困ったものです。

JUGEMテーマ:ニュース



【2018.11.30 Friday 20:08】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865308
トラックバック
累計