過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 「行くべき」旅行先? | main | すぐにバレる嘘 >>
迷走する韓国
 韓国はもはや落としどころを見失ってしまいましたね。
 ・【レーダー照射】韓国また「日本は謝罪しろ」
 ・【レーダー照射】韓国の異なる思考回路
 まあしかし嘘を言うにも事欠いて、武装の無い偵察機の低空飛行で震え上がる戦闘艦って、韓国海軍は世界一の腰抜けだと宣伝しているということを理解しているのでしょうかね。
 ま、それは置いといて。
 攻撃的レーダー照射問題に対し、「日本が威嚇飛行した」と論点をすり替えて日本批判を繰り広げていますが、この手法は韓国のお家芸。
 過去の特許侵害問題を見ればこの手の方法で日本企業にゴリ押しして来ましたから、今更驚くようなことではありません。
 日本政府が証拠を公開しても彼らはそんなことは認めず、他国に向かって自分達の嘘を広めるという手法も慰安婦問題・徴用工問題・竹島問題のいずれでもやってきたこと。
 今回のレーダー照射問題は、いわば彼らのゴリ押し手法の集大成と言えます。
 進歩が無いと言ってしまえばそれまでですが、過去の日本がそれで手打ちにしてきたのが彼らを増長させた原因。
 今回はどう進めるのか安倍総理の手腕の見せ所ですが、安易な妥協や無駄な思いやりはやめて欲しいものです。

 ここで気になるのはアメリカの出方。
 今まででも日本が折れてきたのは米国の圧力が有ったとの噂です。
 今回はどう出てくるのかが問題ですね。
 日本の排他的水域内で呼びかけに応じず偵察機に対して威嚇して来たのですから。見られてはマズイことをしていたのは明白。
 しかも、その相手が北朝鮮の漁船ですから想像は付きます。
 韓国側は人道救助だと言ってますが、偵察機の強力な電波による呼びかけには「無線の調子が悪い」と言っていたのに、漁船のSOSは傍受できたのですね。
 天候が悪かったとも言い訳してましたが、自衛隊が公開した映像では穏やかな天候でした。
 韓国側の説明は全てが虚偽であることは素人でも判ります。
 米国がどこまで分析しているのかは判りませんが、日韓の対立に仲裁しようともせず傍観しているところを見ると、日本に韓国叩きをさせたいようにも見えます。
 なんせ、トランプ氏は激怒しているという情報も囁かれていますから、もしも瀬取りの事実確認が出来ていたのなら韓国は叩いておきたいところでしょうね。
 はてさて、どう進んでいくのやら。

JUGEMテーマ:ニュース



【2019.01.18 Friday 19:16】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865314
トラックバック
累計