過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 車の買い替え | main | 米朝決裂 >>
中国の景気減速
 日本への影響が気になるニュース。
【中国】 景気減速で「失業ラッシュ」
 毎年7%程度の経済成長率だった中国ですが、今回の結果は6.6%とのこと。
 ま、普通なら6.6%の経済成長と言えば大躍進です。日本なんてこれだけ好景気でも1.7%ですからね。
 1.7%の日本の失業率は2.5%で深刻な人手不足の状況が続いてます。日本よりも経済規模が大きくなったはずの中国が6.6%も経済成長していたら超好景気で壊滅的な人手不足のハズなんですけどねぇ。
 ま、中国の経済指標なんて信じる人は居ないでしょうけど、本当の成長率はどうなっているのでしょうか。
 おそらくかなりのマイナス成長でしょうね。

 バブル成長は北京五輪の前には終了していましたから、それ以降の7%前後の成長率なんてまず嘘でしょう。
 昨年からは米中貿易戦争に加えてファーウェイ問題もありますから、対外輸出は相当落ち込んでいるはず。頼みの綱の途上国も経済は不安定化したままですし、中国経済が浮上できる見込みなんて今のところは見当たりませんよ。
 失業者が大量発生するのは当然ですよね。
 共産党がいくら隠したところで、人の動きまでは隠しきれなくなったというところでしょうか。

 さて、問題は失業した人たちの動静と今後の中国経済です。
 中国企業が知的所有権の侵害やスパイ行為を続けるなら、米中貿易戦争は行くところまで行くでしょう。失業者は加速して増加するとしか考えられません。
 その大量の失業者も生きていかなければなりませんから、何らかの流れは生まれるでしょうね。
 怒りとして中国政府に向かってくれれば世界は救われますが、出稼ぎ労働者として近隣国に散らばると極めて厄介なことになります。
 なんと言っても数が違いますからね。
 低賃金の労働力だと喜んでいるような企業は後で訴訟を起こされて莫大な賠償を支払うことになるでしょうし、流入した労働力にその国の人達が押し出されて失業者となるでしょう。
 当然、治安の急激な悪化は避けられません。
 周辺国の中でも日本が一番狙われやすいのですから、しっかりとした対策を取っておいて欲しいものです。

JUGEMテーマ:ニュース



【2019.02.22 Friday 19:50】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865319
トラックバック
累計