過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 中国の景気減速 | main | VRカメラ >>
米朝決裂
 米朝会談、決裂しましたねぇ。
 1回目を決裂させると思ってましたが、1回目合意で2回目が決裂でしたね。
 先に甘い夢を見させてから突き落とすのはトランプ氏の手法なんでしょうかね。
 まあ、1度は決裂する姿勢を見せる必要が有りましたから、上手いタイミングで決裂させたと言えるでしょうね。

 しかし、北だって側近には優秀な人も居るでしょうから、このままトランプ氏の手の平で転がされるとは限りません。何らかの対抗策をひねり出す可能性は有ります。
 問題はあの将軍が耳を貸すかどうか。
 メンツにこだわって核実験再開とかやりかねないですからね。
 暴挙に走らなくとも、将軍側が周囲の反対を押し切って核と長距離ミサイルを廃棄できるかどうかは極めて疑問。
 そもそも、周囲の反対どころか本人が一番欲しがっているとしか思えませんから、核の廃棄なんて余程のことが無い限りしないでしょう。
 核を放棄したふりをして経済制裁の解除と経済支援を取り付けるのが狙いでしょうが、米国相手にそんな小細工が通用するはずが有りません。
 北としては、このままズルズルと核放棄を小出しにして経済制裁の緩和につなげていくか、政治的敗北を認めて全面放棄と経済制裁の解除を勝ち取るか、交渉の余地を残しつつ何もせずに米国大統領の交代まで引っ張るか、そのあたりしか手が無いのじゃないでしょうかね。
 北の体制にとっては命がけの選択でしょうねぇ。

 この件で一番評価を下げたのが韓国。
 仲介役で名を挙げたつもりだったのでしょうが、本命の交渉は決裂。
 更には制裁破りの北支援が発覚していますから「北が調子に乗ったのは韓国のせい」との意見も出ています。
 ま、ルール無視で墓穴を掘るのはいつものことですが、また無茶苦茶な理屈で日本のせいにするのでしょうねぇ。

JUGEMテーマ:ニュース



【2019.03.01 Friday 19:42】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865320
トラックバック
累計