過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 放火事件 | main | 優遇解除 >>
リーフの感想
 リーフに乗り始めてそろそろ1か月。
 使ってみての感想を書いてみたいと思います。

 先ずは長所
 とにかく静か、とは言え走行中は路面との音や風切り音、一般道では何よりも周囲を走る車の騒音でわりと音はします。
 走りは「良い」の一言。加速は申し分なく、アクセルに対するレスポンスも瞬時に挙動に繋がる感じです。アクセルを踏み込めばタイムラグ無く加速し始めます。
 室内の収納やオートワイパーが無い等はマツダに劣りますが、後部座席スペースは広めです。
 自動運転(オートパイロット)は便利そのもの。高速道路でしか使えませんが、すごく楽になりました。
 一般道ではオートクルーズになってしまいますが、それでも速度または車間距離を一定に保ってくれるので便利です。
 アラウンドビューや全方位のセンサーもかなり便利ですね。
 変形ハンドルは最初違和感が有りましたが、慣れるとこの方が良い感じです。
 液晶モニター式のルームミラーはなれるまで目のピント合わせに違和感が有りましたが、慣れてしまえばよく見えるし視界も広く快適です。

 いらないと思った機能。
 ・eペダル
 市街地走行では楽だと言われましたが、走行中は常にアクセルを加減しなければならのでわりと足が疲れる。しかもアクセルを緩めるとブレーキなので惰性で走らせるということが難しい。
 ・エコモード
 走りが昔の軽四くらいになる。パワーダウンがひどく、違和感が強い。普通にアクセルワークで節電した方が快適に感じました。

 欠点
 ・家での充電が遅い
 家庭での充電は3kw/hになる。
 付属の充電器は6kw/hですが、家に付けてくれたコンセントの容量が3kw/hしかないので折角の充電器の性能が生かせない。
 しかも、空っぽから満充電するとなると21時間も掛かる。
 夜間電力で8時間の充電では30%程度しか充電できない。
 現在の電費が6.5km/kwh程度なので一日に150km走れば充電が追い付かない計算。これはちょっとひどい。

 ・コンビニや道の駅の急速充電機は急速じゃない
 20kwくらいの出力しかない上に30分しか使えないので、最大でも10kw、距離にして60〜70の走行分しか充電できない。

 ・サービスエリアの急速充電も出力不足
 40kwくらいは出ますが、それでも30分では130kmくらいしか走れません。しかもPAには無いのでSAが有れば必ず40分程度の充電休息が必要。

 ・本当の高速充電機は三菱の販売店だけ
 三菱の販売店には50kw充電機が設置してありますが、リーフに乗って充電しに行くのは勇気が必要。しかも有料です。

 ・充電インフラはまだまだ不足
 数も少ないですし、出力不足で時間も掛かる。
 正直言って、自宅の充電設備も含めて、まだ実用レベルとは言い難い。

 ・電気の取り出し設備が高価
 停電時などにリーフを蓄電池として使うには高額な設備が必要。(100万〜200万)
 低出力の簡易版でも30万くらいしますから、バカらしくて手が出ません。

 大きな欠点は全て充電設備に関するものですが、給電の組織や日産が本気で改善努力すれば簡単に出来そうなものばかりです。
 リーフ側の受電能力がいくら高くても、給電施設が貧弱な能力りままでは意味が有りません。
 早急な改善を望みます。

JUGEMテーマ:日記・一般



【2019.07.26 Friday 18:41】 author : N/T
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865338
トラックバック
累計