過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 北海道 | main | 偏向報道を公言 >>
GSOMIA騒動
 GSOMIA破棄の騒ぎは勢いを増してますねぇ。
 ただ、その騒ぎの全てが韓国側の言動で日本側は何もしていないというのが凄いですね。
 GSOMIA破棄自体が日本に対する嫌がらせと、それによる韓国内での支持率UPが狙いですから、まだまだ騒ぎ続けるでしょうね。
 次は何をしでかしてくれるのか、少し楽しみです。

 そもそもGSOMIAは韓国軍が日本の偵察衛星のデータが欲しくて、当時のオバマ大統領に頼み込んで始めたものだったはず。
 それを自ら破棄したのですから、仲介した米国は当然激怒しますよ。しかも相手はあのトランプ大統領ですからね。相当怒っているはず。
 その表れがG7。
 公式な席上で2度も韓国を「嘘つき」と同席国が驚くほどの猛批判したのですから、これは尋常ではない怒りようですね。歴史に残るような珍事です。

 そこまで怒らせておいてもまだ懲りないのが韓国。
 謝罪どころか日本批判に明け暮れていましたが、今度はよりによって米国に最大級の侮辱行為しました。
 ・【韓国】メディア公開で米国大使を呼び出しクレーム
 国内向けにパフォーマンスしたかったのでしょうけど、さすがにこれはやり過ぎです。
 そもそも自分達の言動に相手が怒っているのに、反省すらせず相手を更に批判。
 まあ、いつもの韓国と言ってしまえばそれまでですが、トランプ氏相手に対日の言動を取ってしまうとエライことになると思いますけどねぇ。
 トランプ氏がどう出るか、見ものです。

 一連の言動を見ていると、韓国は日米と手を切り中国側に付きたいようにも見えます。
 中国の庇護のもとで悲願の南北統一を目指していると考えた方が自然なくらいの言動ですからね。
 文大統領は元々北寄りの人ですから、そういう考えが頭にあったとしても不思議ではありませんからねぇ。
 ま、国民は元首とするべく支持をしたのですから、今後どのような人になろうとも文句は言えないでしょうね。

 しかしまあ、国の首脳としてのダメ具合はバカ鳩レベルでしょうか。廬武鉉氏も笑いを提供してくれましたが、文氏は強硬姿勢なだけ笑えないですからね。
 バカ鳩は反日国に愛想を振りまいて日本を窮地に落としてくれましたが、文氏は強硬姿勢で自国を破綻の危機に進めていますからねぇ。
 ま、いい勝負かもしれませんね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2019.08.29 Thursday 16:29】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865341
トラックバック
累計