過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 神戸の教師間いじめ | main | 名誉市民? >>
「神戸の教師間いじめ 2
 前回の続きになりますが…
【神戸教員間いじめ】加害教諭4人の謝罪の言葉を公表
 産経さんは概略しか書いていないので文脈を読み解き難いのですが、実際の文章は定型的な謝罪文で起訴逃れのために書いたような文章です。
 その証拠に何の行動も起こしていませんし、表に出てくることもありません。
 誰が書いたのか判らない定型文を代理の者が代読しているだけですから、とても反省しているとは思えません。
 男3人はまだ定型的な文面ですが、女教員は反省どころか被害者意識が強く感じられて更に不愉快な文面でした。
 教員ともあろうものが書くような文章じゃありませんね。
 被害者への謝罪の言葉すら無く、「直接謝罪したい」とか「申し訳ない気持ち」で済ませていますから謝罪すらする気は無いでしょう。
 酷い虐めで心を病んでいる被害者に加害者が直接会うというのは「圧力を掛けに行く」のと同義ですよ。謝罪どころか実質的な脅迫行為に他ならないでしょう。
 いじめに関しては研修も受けているでしょうから、判っていて言っているのでしょう。
 この一言だけでも反省が皆無だと判ります。
 本当に反省しているなら、まずは器物損壊に対する賠償の話くらいするでしょう。治療費の負担も必要ですし、休業補償も必要。賠償の話は一切出てきません。
 更には、身の処しようにも一切触れていません。刑事事件を起こしながら刑罰を受ける気はさらさらない感じですし、教育委員会からの懲戒処分を待つだけの姿勢です。
 辞表提出済みという噂も初期にはありましたが、文面には一切出ていませんから真偽のほどは不明です。
 本当に辞表提出済みなら「教職から身を引き詫びる」の言葉は入っているはずですよ。

 いまだに実名報道されず反省の色も感じられず、彼らには何か「制裁を受けない自信」があるように感じられます。
 実名報道しないのは「起訴前だから」というマスコミの及び腰とも思えますが、「更生プログラムを受けて現場復帰」を周囲が考えているようにも思えます。
 副大臣が出てきている以上、そんなうやむやで済まされるとは思えませんけどね。
 教育関係者はそのあたりの社会常識が欠如している組織も多いようですから、神戸の教育委員会が何を考えているかは判りません。
 ネットに情報が流れなければ今回の件だって隠蔽されていた可能性は有りますからねぇ。
 うやむやにさせないためにはネットが騒ぎ続けるしかないかも知れませんね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2019.10.18 Friday 19:37】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









この記事のトラックバックURL
http://blog.tukuyomi.com/trackback/865348
トラックバック
累計