過去の随想 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    本音のCAD・CAM トップへ 
 本音のCAD・CAM  【言いたい放題の随想】
 
<< 怖い後遺症 | main | ようやく規制 >>
学校閉鎖
 つい先日まで「桜を見る会」でコロナ対策の妨害をし続けていたのに、国民からの批判が高まればすぐさま豹変してそれまで自分たちが妨害していたコロナ対策を批判。
 その厚かましさには心底軽蔑しますが、「なんでも批判」の左派政党は感染拡大防止に対してもこじつけ理論や感情的理論で反対し、国民に体制批判を扇動してます。
 彼らに大切なのは国民の生命財産ではなく「倒閣だけ」であることがよくわかる言動ですね。
 さて、少し考えれば判ることではありますが、小中学校の休校は感染拡大防止にとっては必要不可欠なこと。
 インフルエンザを見れば判りますが、子供が学校で濃厚接触により感染し、家で家族に伝染するパターンが多いですよね。そのために毎年数えきれないほどの学級閉鎖や学校閉鎖が発生しています。
 今回は感染爆発の予防措置ですから、感染者が未確認の段階で実施しているだけ。
 蓮舫氏の言うように「有りえない」のであればインフルでの休校もダメということになりますし、夏休みや春休みも休校は「ありえない」と言うことになります。
 政権批判さえできれば、どんな無茶な理論でもまかり通せるという左翼ならではの発想ですね。

 保健所の検査拒否に関しても総理の指示のように扇動していますが、そんなものを総理が考えて指示するわけないでしょ。専門家や官僚の考え以外には有りえません。
 とは言え、検査対象の絞り込みは感染拡大には極めて有効です。
 武漢で感染爆発した原因は院内感染と言われています。新型コロナでもないただの風邪やインフルの患者が何万人も病院に殺到したのですが、中には本物の新型コロナ感染者も混ざっているのですから待合室で連鎖的に感染を繰り返してしまいました。
 似たようなことは韓国でも発生し、感染爆発を引き起こしてしまいました。
 日本はそこまで病院に殺到はしないでしょうが、「陰性であることを確認したい人」や「検査すれば治療できる」と勘違いしている人が多数押し寄せることは想像されます。
 もちろん、中には本物の感染者もいるはずですから、院内感染を引き起こすのは避けられません。
 病院には新型コロナの関係患者ではなく、定期通院しなければならない人やコロナ以外の急患だって大勢います。
 病院は普段から人手不足の状態なのですから、そこに検査を要求する患者が押し寄せれば一気に医療崩壊を起こし、他の救急患者が命を落とすことになります。これは実際に韓国で発生していますから、日本でも当然発生する事案です。
 それに何より忘れてならないのは、「陽性の判定が出ても何の治療もできない」ということ。他の病気かどうかの判定なら今でもできるのですから、新型コロナかどうかの判定には現状では意味がありません。
 従って、ワクチンや有効な対抗薬ができるまでの最善策は「重体でなければ自宅で療養」しかないのです。
 結局は政府の出した対応策そのものになってしまうんですよね。

 とは言え、自分の状態を知りたいのは人情です。
 自宅で簡単にできる検査キットが開発されれば、少しは安心できるのですけどねぇ。

 怖いニュースが2つほど出ています。
 一つは「再感染または症状再発」の話。以前から中国では事例が出ていたのですが、同様の事例が日本でも出てしまいました。
 再発ならば自己免疫ではウイルスの根絶ができないということ。一度感染すれば再発を繰り返していずれは死ぬということになります。
 再感染の場合はもっと酷くて、「ウイルスがエイズ同様に人体の免疫機能を破壊する」という説に真実味が出てくること。こちらも感染を繰り返していずれ死に至るのでしょうが、他の軽いはずの病気でも感染したら死んでしまうことになります。
 最悪ですね。ニュースの続報が気になります。

 もう一つは「犬からコロナ検出」です。
 ペット経由で感染が広がるとなると、散歩中のペット同士のコミュニケーションは大変危険です。
 まあ、元々が野生動物からの感染とされていますから予想通りの情報ではありますが、怖い話です。
 ただ、最悪の予測として「鳥への感染」が残っています。
 渡り鳥は世界中を飛び回るものもいますから、渡り鳥が運ぶとなると全世界に脅威が及びます。しかも変異しやすい。
 あまり考えたくはないですね。

JUGEMテーマ:ニュース



【2020.02.28 Friday 20:09】 author : N/T
| ニュース | comments(0) | - |
当サイトのコンテンツです。
Amazon 人気順 総覧
書籍、音楽、DVD、ソフト、PC、電化製品、ゲーム、その他
フレーム無し 通販商品人気順総覧
お役立ちサイト集
仕事用情報、生活情報、災害時の情報、通販、等の総合リンク集
この記事に関するコメント
コメントする

投稿の前に注意事項を読んで下さい。









累計